顎関節症の症状とは?

♥顎関節症の症状とは?

あなたは、こんな症状はありませんか?

  • 口が開けられない
  • あごが痛い
  • 口を開くと音がする

このような症状にお悩みの方は、顎関節症の可能性があります。

2人に1人は、顎関節症の症状を感じています

食事が辛いほど、あごの痛みがあったりするのですが、

2人に1人は、顎関節症の症状を感じたことがあるのです。

多くの方がなりやすい、ありふれた病気と言われています。

 

♥顎関節症の大半は、時が立つにつれ、痛みや和らいでいく

大半が時間とともに、痛みが和らいでいき、

症状が重い人は少なめですが、痛みが続く場合もあります。

顎関節症予備軍って聞いたことがありますか?

♥顎関節症予備軍とは?

受診して診断を受けようというほどではないほどの状態で、

  • そのような症状がある
  • 過去に、そのような症状あった

という方は、「顎関節症予備軍」といいます。

 

●顎関節症予備軍の人が痛みが強まる理由

仕事の忙しさや、家事・育児のストレスがきっかけで、

症状が強まることがあります。

 

一般の成人で、顎関節症予備軍の割合を

グラフで見てみましょう!

♥上記の円グラフによると・・

一般の成人で、顎関節症の症状のうち、下記の3つのうち

  1. 口が開けにくい
  2. あごに痛みがある
  3. 口を開けたら、関節音がなる

1つ以上の症状がある人は、40~75%

 

なんらかの痛みがある人 33%

①と②のうち、受診を考えるほどの方は 5%

 

次に顎関節症は、いくつの年齢の方が多く、

女性・男性と、どちらが多いのでしょうか?

 

顎関節症は、女性に多い症状です

顎関節症の方は、女性に多いと言われています。

年齢は比較的、若い方のほうが多いのですが、

高齢になってから発症する場合もあります。

 

では、顎関節症の性年代別のグラフを見てみましょう!

上記のグラフを見てみると、

どの年代も圧倒的に、女性の方が多いのが分かりますね。

そして、20~39歳がダントツで1位です。

 

♥細かく解説すると・・

12~19歳

女性  21%  男性  9%

 

●思春期に増えはじめる

低年齢の子供は

  • 骨の構造が比較的単純なこと
  • 関節組織の順応性が高い

ことから、大人のような重大な症状が現れることはありません。

 

♥症状が増えるのは、10代半ば~。

受験

学校生活のストレス

なども影響しています。

 

●どの年代も女性に多い

顎関節症の症状自体は、男女とも同じくらいみられるという

報告もありますが、医療機関にかかる人はどの国でも

女性が男性の2~3倍以上と言われています。

 

骨格や筋肉、ホルモンの違い、女性のほうが

健康意識が高い人が多いからではないかと考えれています。

 

●高年齢の方は・・・

若い年代で発症し、長期にわったって治療している人は

まれなケースです。

高年齢の医療機関での受信者は、筋肉の衰えなどが

影響して、新たに発症する人が中心になります。

あかり整体は、顎関節症の施術を行っております

顎関節症の痛み、あごの歪みを整える、

痛みのない手技を使います。

  • あごが痛い
  • 口を開けるたびに、パキパキ音が鳴る
  • 顎にロックがかかり、口があかなくなる

など、顎関節症による不調が緩和するように、施術いたします。

お顔の骨を動かし整える整体師ならではの「整顔矯正」です。

 

顎関節症の方、顎関節症予備軍の方も、多くご来院されて

おりますので、お気軽にご相談ください(^◇^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加