PMS(月経前症候群)を緩和する9つの食べ物

こんにちは(^-^)あなたは、生理前に不調になることはありませんか?

  • 生理前にイライラする
  • 頭痛が起きる
  • お腹がはり、痛みが出る
  • 倦怠感がある
  • やる気が起きない
  • あまい物が食べたくなる

など、生理前に何かと不調になる症状を「PMS(月経前症候群)」といいます。

 

ひどくなると日常生活に支障をきたす場合もあるほど辛い方も・・・。

ストレスにも弱い時期になりますので、無理をせず、心身共に労わりながら

過ごしましょう。

 

お身体の不調から、お仕事や家事などやる気が起きにくいので、

大変な内容の事は事前に済ませておくのも、一つの手ですね。

生理1週間前のPMS(月経前症候群)が起きやすい時期は、心身ともに

どのようなお身体の状態になるのか、簡単にお伝えしますね(^-^)

生理1週間前の心身の不調とは?

●身体の不調

  • プロゲステロンが優位に働き、水分や栄養を溜め込む体に・・
  • 皮脂のバランスが乱れて、乾燥・肌荒れも起きやすい
  • PMSの症状である頭痛・倦怠感・体が重いなどが起こる

●心の不調

  • イライラしやすくなる
  • 気持ちが落ち込みやすくなる

 

とにかく生理1週間前のPMS(月経前症候群)が出やすい時期は、

体調も気分もすぐれないことが多いので、これは、ホルモンバランスの

影響ですから、無理に頑張ろうとせず、心に無理をかけないようにして、

ゆっくり過ごすことを心がけてくださいね。

 

では、このPMS(月経前症候群)の時期に、

お身体の不調の緩和・予防のために、おすすめの

食べ物をご紹介します。

 

PMS(月経前症候群)の緩和する9つの食べ物

PMS(月経前症候群)の不調を緩和には、

3つの栄養素が大切になります。

 

●大切な3つの栄養素とは?

  1. カルシウム
  2. ビタミンB6&C
  3. トリプトファン

この栄養を多く含む食材をお伝えします。

①5種類のカルシウム

●イライラを鎮めて丈夫な骨を作りましょう

イライラ対策には、カルシウム!

ほかにも骨を強くしたり、筋肉を収縮させる働きも♪

体質に合った食材で取り入れていきましょう!

  • ヨーグルト(イライラの人は毎日食べたいところ)
  • チンゲン菜(栄養満点の青菜)
  • シジミ(カルシウム+鉄分も含有)
  • しらす
  • 切り干し大根

 

②2種類のビタミンB6&C

●辛いPMS(月経前症候群)の症状に!

食事からとった、たんぱく質を代謝するビタミンB6と、

ストレスやお肌のアレの改善に良いビタミンC。

どちらも水溶性なので、こまめに食べることが大切。

PMS(月経前症候群)の症状を緩和してくれます。

 

  1. ブロッコリー(ビタミンCがたっぷり)
  2. さつまいも

 

③2種類のトリプトファン

●女性ホルモンのセロトニンを増やす食材

トリプトファンは、体内で作られない必須アミノ酸です。

心身を落ち着かせるセロトニンを増やす栄養素。

PMS(月経前症候群)のイライラ、落ち込み、が改善されるので、

この時期は、積極的にとりたいですね♪

 

  1. 赤身の肉(効率よく栄養素がとれる)
  2. ピーナッツ(ビタミンBとEも含有)

さいごに・・

さて、いかがでしたでしょうか?

生理1週間前に起こりやすい、

PMS(月経前症候群)の不調を緩和には、

この時期に必要な栄養素を

意識的にとることが大切になります。

 

今回ご紹介した3つの栄養素である「カルシウム・ビタミンB6&C・

トリプトファン」を含んだ9種類の食材を食べることで、

PMS(月経前症候群)の不調が緩和できますので、

ぜひご参考になさってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加