生理不順の原因を改善する3つのセルフケア

あなたは生理不順ではありませんか?

  • 生理の周期がバラバラ
  • 生理のくる時期なのに、生理が来ない
  • 生理が終わったのに、早めに生理がきた

など、生理不順には様々な状態があります。

 

♥生理不順には、2つの種類があります

♥頻発月経(ひんぱつげっけい)

24日以下の短い周期で月経が起こること。

 

♥揮発月経(きはつげっけい)

次の月経まで39日以上あくこと

 

♥40歳以上の更年期には、卵巣の機能の変化もあります

卵巣機能の低下によって、これまで25日~38日で月経周期に

変化が起きます。

月経の量も変化し、月経ごとに量が極端に少なかったり、

多かったりします。

 

卵巣の機能が低下してくると、排卵が早く起きるようになるため、

基礎体温の低温相が短くなります。

また受精卵の着床(妊娠)に備える黄体機能が低下するため、

高温相も短くなり、月経周期全体が短くなります。

 

♥基礎体温とは・・

朝目を覚ました時に、動かずにそのままの状態で、

口腔内で測定した体温の事です。

 

年齢別に状態を見てみましょう。

●20代~30代

排卵後は基礎代謝が上昇し、10~14日間の高温相がみられます。

ホルモン状態が安定し、月経周期は25日~38日程度の間隔で

一定になります。

 

●40代半ば

低温相が短くなり、排卵が早く起きるようになります。

高温相も短くなり、月経周期が短くなります。

 

●閉経前後

排卵が起こらなくなると、低温相だけになります。

月経があっても排卵のない無排卵性月経で、

やがて、月経そのものがなくなって閉経になります。

 

この時期は、徐々に排卵が起こらなくなっていくため、

月経とは違う不規則な出血=「機能性出血」が起こることも

多くあります。

このような身体の変化やしくみがありますが、

少しでも「生理不順」の良くするもの、予防に繋がる

セルフケアがあります。お試しくださいませ。

 

生理不順の原因を改善する3つのセルフケア

①大豆製品を食事に取り入れましょう

大豆に含まれる成分である「イソフラボン」は、

女性ホルモンのエストロゲンと化学構造式や

体内の働きが似ています。

  • 納豆
  • 豆腐
  • 大豆の水煮
  • きな粉
  • 豆乳
  • 大豆製品

などを日々の食生活取り入れていきましょう!

 

■例えば、忙しい朝でも、こんな風にしてみて♪

●パン派なら、「パン+豆乳」

●ご飯派なら、「ご飯+納豆」

など、毎日の食事にプラスして、イソフラボンを

気軽に入れていきましょう!

 

②婦人科系によい「三陰交」のツボを押しましょう

足のつぼを押すことで、血行が良くなります。

その中でも、こちらのツボが効果的です。

 

♥「三陰交(さんいんこう)」のツボは・・・

脚の血行を良くしてくて、体の血行を良くしてくれるツボ。

婦人科系の症状にいいと言われています。

温めてもいいツボなので、お灸もオススメです。

  • 月経痛
  • 月経不順
  • 冷え
  • ほてり
  • 婦人科系の症状

 

♥三陰交のツボの探し方

内くるぶしの一番高い部分から指4本分上。

内すねの骨と筋肉の境目にあります。

親指を当てて押しましょう。

 

③首を温めて血流をアップさせましょう

卵巣機能が低下すると、自律神経に悪影響を与えます。

太い血管が通る首を温めると体温があがり、

身体は体内の熱を逃がそうと血管を拡張します。

全身の血流が良くなることで、副交感神経が優位に

働き、リラックスできます。

体を温めて、血流を良くすることは、間接的に

自律神経の働きを整えてくれます。

 

♥首を温める方法

  1. 濡れたタオルを硬く絞る
  2. 500Wの電子レンジで20~30秒温める
  3. そのタオルを首に当てる(やけどに注意!

 

さいごに・・

さて、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した3つのセルフケアを取り入れることで

生理不順の原因や不調を改善しますので、是非、

ご参考になさってください。

 

♥当院では「生理不順」の整体を行っております

生理不順でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

生理不順の整体で、生理周期を整えていきましょう。

生理痛・生理不順について詳しくはこちら

生理痛・生理不順

生理痛・生理不順に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加