ひざの痛みの症例①

hiza

ひざの痛みの症例集ページです(^◇^)

同じひざの痛みでも、さまざまな原因があり、症状としてあらわれています。

こちらは一部の症例集です。あなたのひざの痛みの原因・症状に応じた施術を行い、

ご来院回数など、ご相談しながら進めていきますので、ご安心くださいね(^-^)

 

ひざの症例2

患者さん

女性 30代

ご来院

2015年12月

症状

3ヶ月前に出産し、産後から膝の痛みがじわじわある。少しだけ腫れもある。

むくみや水が溜まっている状態でない。お子さんを抱えたり、寝かすときに、

膝をつくため、痛みが出る。膝を曲げるのも痛みがある。歩くだけでは痛みが

ないが、重心をかけると痛みが出る場合もある。腰も寝返り時に痛みあり。

治療内容と経過

膝の痛みは出産後に痛みが出るようになった。出産後の月日がたつにつれ、痛みが

強まったとのことで、赤ちゃんとの姿勢や抱っこで痛みが発症した可能性が高いと

考えた。腰の歪み・骨盤の捻じれた歪みがあり、腰回りにハリがある。恥骨の歪みは

ない。腰と骨盤の調整、腰のハリを緩め、膝の調整。足の内果と外果の調整をした。

6日後、痛みが軽減していたが、まだ痛みがある状態。10日後、痛みはほとんどないが、

膝をついたときに、少し痛みが走る状態。2週間後、膝の痛みがなく、膝をついても

痛みが出ない状態に改善した。

同時に治療した症状

背中のコリ・腰の痛み・足首

施術内容

腰・骨盤の調整・膝の調整・足首調整・背中のハリを緩める

施術者から一言

akari-gazou9ご来院ありがとうございました(^-^)

産後のママさんで、授乳や抱っこや寝かしつけの膝の曲げ伸ばしで、

痛みが出ている状態だったので、膝と腰や骨盤の調整を同時に行うことで、

体の歪みによる痛みもとれ、膝の歪み・痛みが改善したと思います。

子育てママは、お子様の抱っこや授乳等で、お体に不調が出やすいので、

ひざはもちろん、ご無理なさらずに子育てなさってくださいね。

膝の痛みがなくなって、良かったです♪(^◇^) また不調の際には、お気軽に

いらしてくださいね♪

 

ひざの症例1

患者さん

女性 50代

ご来院

2015年9月

症状

左の膝の痛みがあり、歩くだけで痛い状態。正座はできない。すこし腫れている

感じはするが、水がたまっている状態ではない。痛みが発症したのは、1週間前。

痛みの思い当たる出来事をお尋ねすると「お孫さんを抱っこして、たくさん歩いた

からかも・・」とのこと。腰の痛みはほんの少しあり。以前、膝がたまに痛い時が

あったが、ここまで痛くなったのは初めて。

治療内容と経過

膝はもちろんだが、足首のゆがみや腰の不調も影響しているかなと考えた。

骨盤の高さの歪み・腰のハリ・背中のハリが少しある。足首の内果と外果の高さの

違いがみられる。腰の調整・骨盤の高さをそろえ、ハリを緩める。

足首の調整・膝の調整を行った。1週間後、膝の痛みが軽減していた。

2回目の施術の10日後、ほとんど痛みがない。歩いても痛みはないが、たまに痛みが

出る状態。3回目の施術の2週間後、痛みがない状態まで回復。

「膝は良くなってきたので、肩こりや背中のコリ・骨格の歪みも整えたい」と

ご希望があり、4回目の施術は、3週間後に施術。施術6回目には、正座が出来るまで

回復した。

お体全体を見ると、慢性的な不調もあったので、メンテナンス整体(予防整体)を

おすすめし、月一のご来院をされている。

同時に治療した症状

背中のコリ・腰・足首調整

施術内容

腰・骨盤の調整・膝の調整・足首調整・背中のハリを緩める

施術者から一言

akari-gazou9ご来院ありがとうございました(^◇^)

もともと膝が弱い要素があり、お孫さんの抱っこで、

膝に負担がかかったようですね(>_<)

膝の痛みの場合、膝につながる骨の歪み・痛みをかばうことでの歪みを整えることを

加えながら、膝の調整を行うことで、痛みが軽減し、正座まで出来るまで回復。

膝の痛みがよくなって本当に良かったです♪

これからもお体大切に、お孫さんとのお時間をお過ごしくださいね♪

症状について詳しくはこちら

ひざの痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加