顎関節症の症例①

gaku

顎関節症の症例集ページです(^◇^)

同じ顎関節症でも、さまざまな原因があり、症状としてあらわれています。

こちらは一部の症例集です。あなたの顎関節症の原因・症状に応じた施術を行い、

ご来院回数など、ご相談しながら進めていきますので、ご安心くださいね(^-^)

 

顎関節症の症例2

患者さん

40代 女性

ご来院

2015年11月

症状

口があきにくい・顎が口を開けるたびにギシギシ音がなって痛い。

数日前に顎にロックがかかり、口が開かなくなって物が食べられない。

指1本入るのが精一杯。痛みがあり、改善しない状態。

過去に痛みがある時もあったが、こんなに痛みが強く、口が開かないのは初めて。

なかなか改善しないので、来院された。

治療内容と経過

(整顔矯正の内容で施術)顎の左側がギシギシなり、顎の開閉が小さい。

口には指が1本入る程度。顎にロックがかかり開かないうえ、開けようとすると、

痛みがある。物が食べられなくて困っている状態。

1回目の施術は、痛みを取るの施術を重視しながら、顎の開閉の可動域を広げる施術を

行った。顎の左右の高さが違うため、顎やお顔の骨の歪みあり。こちらの歪みも

整うよう、施術を行った。

施術後、指が2本入るようになって、顎の開閉の可動域が広がった。痛みは少し緩和。

2回目の施術は、5日後にご来院してもらい、まだ少し口があけにくい状態。

痛みは緩和しているが、大きく口を開けると痛みがある。

痛みを取る施術と、引き続き顎の歪みを整え、整顔の施術も加える。

施術後、痛みがほぼなくなり、顎の可動域が広がり、口が開けやすくなった。

少しギシギシいう状態。

3回目の施術は、11日後にご来院。痛みはない状態だが、顎の歪み・頬の歪みが

あるので、整顔矯正・頭蓋骨調整を行い、痛みが出にくい状態にする施術を行う。

お客様が、「口が開かなくなって、どうなるか心配でしたが、こうして通常な状態に

戻ることが出来て、本当に良かったです」と安心してもらえて、良かった。

同時に治療した症状

整顔

施術方法

頸椎調整・頭蓋骨調整・頬の調整・顎関節調整

施術者から一言

akari-gazou9ご来院ありがとうございました(^-^)

顎の開閉がいきなり出来なくなって、驚かれたと思います・・(>_<)

顎の歪み・頬の歪みから見ると、日々の片噛み癖が

大きな原因だと考えられます。 片噛み癖から顎の下が歪んでいき、お顔全体の

歪みに繋がり、顎の高さが変わって、痛みも発生した可能性が・・。

お顔の歪みを整えながら、顎の痛みを取る施術を行うことで、

顎の可動域が戻ってきて、痛みも改善してきたんだと思います(^-^)

これからは、片噛み癖に気をつけてもらい、今後痛みが出ないよう、

日々お気をつけくださいね(^◇^) 痛みがなくなり、顎の可動域が戻り、

本当に良かったです♪

 

顎関節症の症例1

患者さん

30代 女性

ご来院

2015年9月

症状

顎の痛み・口があかない・顎が口を開けるたびにパキパキなる

顎にロックがかかり、口が開かなくなる。いきなり痛みがあり、改善しない状態。

以前痛みがある時もあったが、こんなに痛く、口が開かないのは初めて。

治療内容と経過

(整顔矯正の内容で施術)顎の左側がパキパキなり、痛みがある状態。

口には指が1本入る程度。顎にロックがかかり開かないうえ、痛みがある状態。

1回目の施術は、痛みを取るの施術を重視しながら行う。顎の左右の高さが違うため、

顎やお顔の骨の歪みあり。痛みを取りつつ、顎の歪みを整える施術を行う。

施術後、痛みが緩和され、指が2本入るようになった。

2回目の施術は、6日後にご来院してもらい、口を大きく開けると痛みがあり、

まだ少し口があけにくい状態。顎にロックがかかるほどではない状態。

痛みを取る施術と、引き続き顎の歪み・首・後頭骨の歪みを整える。

施術後、痛みが緩和され、顎の可動域が広がり、口が開けやすくなった。

3回目は、1週間後に施術。痛みもほぼなく、大きくあけると、ほんの少し痛みあり。

顎の開閉も、スムーズになっている。

痛みが出ないよう、痛みをとる施術と、顎の歪み・頬の歪み・頭蓋骨調整を行う。

施術後は、痛みがなくなり、「これで大きく口をあけて、ご飯が食べられる」と

喜んでもらえた。

同時に治療した症状

整顔・小顔

施術方法

頸椎調整・頭蓋骨調整・頬の調整・顎関節調整

施術者から一言

akari-gazou9ご来院ありがとうございました(^-^)

突然痛みと顎の開閉が出来なくなってビックリされたでしょう?(>_<)

顎の歪み・頬の歪み・頸椎からの歪みもあり、痛みが

出やすかったんだと思います。お顔の歪みを整えながら、顎の痛みを

取る施術を行うことで、顎の可動域が戻ってきて、痛みも

改善してきたんだと思います(^-^) 良かった♪

これからは、片方ばかりで噛む癖は気をつけてもらい、今後痛みが出ないよう、

日々お気をつけくださいね(^◇^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加