腰痛症の症状とは?

腰痛症とは?

●骨や神経などには障害が出ていない腰痛のこと

レントゲンなどの検査をしても、骨や椎間板、神経などに異常がない状態を

「腰椎症」と呼びます。

原因が特定できないことから「非特異的腰痛」とも呼ばれ、

悪い姿勢や筋肉疲労が原因であることが多いため、「姿勢性腰痛」

「疲労性腰痛」と言われています。

 

腰痛の80%以上が、この腰痛症です

腰痛症は、医療機関での治療は必要なく、

自分で行うストレッチやセルフケアで腰痛改善や

腰痛予防になります。

ただ、医療機関での治療が不必要だからといって

ほっておくと、悪化してしまうケースもあるので、

思い当たる原因を取り除き、ケアをしましょう。

 

腰痛症の原因とは?

♥腰あたりの筋肉疲労がほとんどの原因

悪い姿勢・無理な姿勢・同じ姿勢を長時間取り続けると

背骨や腰あたり筋肉に負担がかかり、これが続くと

筋肉が緊張し、血行不良になり、乳酸などの老廃物が

筋肉内にたまることで、筋肉が硬くこわばり、痛みが増します。

このような筋肉疲労が腰痛症の一番多い原因です。

腰痛症になりやすい職業とは?

  • デスクワークの人
  • 工場などのライン作業の人
  • 美容師さん
  • 医療や介護系の人
  • 農作業・畜産業をしている人
  • 自動車のドライバー
  • 学校の先生
  • 調理師さん
  • 接客業の人

前かがみの姿勢・立ったままで仕事をしている人が

多いと言われています。

他にも、運動不足で腹筋・背筋・大殿筋などの筋肉が

衰えている人も腰痛症になりやすいです。

腰痛症の症状とは?

前屈生涯型が多く、腰は重だるく、鈍い痛みを感じるのが特徴

  • 無理な姿勢・同じ姿勢を取り続けたあと
  • 中腰・前かがみの姿勢
  • 冷房・冬の寒さなどの冷え

などで痛みが出やすくなります。

 

●動作と痛みの関連から・・

腰を前に曲げた時に痛むものを「前屈障害型(屈曲型)」

腰を後ろにそらせた時に痛むものは「伸展障害型(後屈障害型)」

と呼ばれます。

 

♥前屈障害型の腰痛症は?

腰痛症は前屈障害型が圧倒的に多く、悪い姿勢等で、

太ももの後ろの筋肉である「ハムストリング」と背筋が

筋肉疲労を起こして、腰に痛みが出ます。

特に、ハムストリングの緊張が強まると、骨盤の前傾が保ちにくく、

腰を曲げた時に、背筋が無理に引っ張られ、腰に痛みが出ます。

前屈障害型は、仕事などで同じ姿勢を長く続けている人に

多く見られます。

 

♥伸展障害型の腰痛症は?

スポーツ時に無理な動きをした時や、背伸びの姿勢で

無理な動きをした時に痛みます。

 

腰痛症を緩和するセルフケア

慢性的な腰痛症は、腰が痛いからといって安静にしたり、

そのままほっておくと、筋肉疲労と腰痛悪化に繋がってしまいます。

 

●腰痛症には「姿勢を良くして軽めの運動」

日常の生活でセルフケアが大切で、それによって痛みが緩和し、

予防にも繋がります。

 

気をつけ、行いたいものは・・

  • 悪い姿勢に気をつける
  • 無理な動作に注意!
  • 筋肉を伸ばすストレッチ
  • 腰を温める
  • 寝具・椅子などを硬いものに変える

 

いかがでしたでしょうか?(^-^)

腰痛症の原因・症状・なりやすい職業・

セルフケアで気をつける内容などをご紹介しました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

ご参考になさってくださいね(^◇^)

 

あかり整体では、腰痛症の施術を行っております。

腰痛症の原因・症状に応じた手技を取り入れ、

痛みなく施術させて頂きますね(^-^)

お気軽にご相談くださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加