慢性腰痛の痛みをとる方法

腰痛で、こんなことはありませんか?

  • 朝起きた時に腰が固まって痛い
  • 起き上がるときに、痛みがある(動作痛)
  • ずっと座っていると、腰が痛くなる
  • 立つことが多くて、腰が張って痛い
  • あおむけで寝られない
  • 重い荷物を持つときが痛い
  • 掃除機が腰の痛みでかけられない

腰はとても大切な所。腰をはじめ、お体のことを

しっかり把握しておくことが大切になります(^◇^)

慢性腰痛症は、温めるのも効果的なケアです!

鈍い痛みがある慢性腰痛は、痛む部位を温めるのも効果的です。

温かい刺激を与えると、血管が拡張して血行が良くなり、

筋肉の緊張がとれて柔軟になり、痛みが緩和されます。

 

お家で作る温湿布の作り方

①タオルを濡らし軽く絞り、電子レンジで温める

500Wまたは600Wで1分~1分20秒くらい温めます。

 

タオルが暑い場合は、少し置いておいて熱をとってから、

取りだしてね(^-^)

 

②温まったタオルと袋に入れて別の乾いたタオルで巻く

③痛みのある箇所に当てる

15分以上温めるのがオススメです。

途中でタオルの熱が取れたら温めなおして使いましょう!

 

◆このやり方が面倒な方は・・・

ホットパック・使い捨てカイロを使うのもいいです。

どちらも、低温やけどだけは、お気をつけください(^-^)

 

逆に、急性の場合は・・

●ぎっくり腰の初期・運動直後の痛みは冷やす

ぎっくり腰などの急性腰痛の初期症状・

運動中・運動直後の起こる痛みなどの場合は、

  1. 痛む部位を冷やす
  2. 安静にする

上記が正しいケア法となります。

 

  • 慢性の痛みは温める
  • 急に起こった鈍い痛みは冷やす

と覚えてもらうと分かりやすいかと思います。

いかがでしたでしょうか?(^-^)

慢性腰痛症の痛みを取る方法をご紹介しました。

腰回りを温めて、痛み緩和するといいですね♪

 

♥あかり整体では「腰痛症」の施術をしております!

腰痛症の痛みの原因である「骨格調整」を行い、正しい姿勢にし、

痛みを緩和するのはもちろん、痛みが出にくいお体にしませんか?

二人三脚で、腰痛症を良くしていきましょう!

お気軽にご相談くださいね(^-^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加