ぎっくり腰になったときの応急の対処法

【腰痛】主婦の腰痛イメージ

こんな動作のあとに、ぎっくり腰になっていませんか?

  • 重いものを持ち上げたとき
  • 布団など大きなものを持ち上げたとき
  • 洗面台で顔を洗おうと、中腰の姿勢をとったとき
  • 長時間、中腰の姿勢でいたとき
  • 急に体をねじったり、ひねったとき
  • 床にあるものを取ろうと、腰をかがめたとき
  • 段差がある階段を下りたとき、上ったとき
  • 同じ姿勢を長時間とっていて、急に姿勢を変えたとき
  • 運動するまえに、ウォーミングアップをせず、急に運動したとき
  • くしゃみや咳をしたとき

上記のような動作が、とてもぎっくり腰になりやすいといわれています。

日々、このような姿勢の時は急に動かず、腰をいたわりながら、動いてみてください。

では、ぎっくり腰とはどんなことをいうのか、簡単にご説明しますね。

 

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰とは、突然「グキッ!」と痛みが走るのが特徴です。

ぎっくり腰のほとんどが、腰回りに予想してなかった急な収縮が

加わって起こるといわれています。

主な原因は、不意な動作から起こることも多く、自覚がないまま、

腰に負担をかけ続けている場合、くしゃみや咳だけでも、

ぎっくり腰になる場合があります。

ぎっくり腰になって、身体を動かそうとすると、ちょっと動くだけでも

腰の痛みがひどく、歩けなくなる場合も・・・。

 

●ぎっくり腰は、場所を選ばず、不意に起こります。

起こった時は・・

  1. 安静にすること
  2. 患部を冷やす

この2つが大切です。その前に、急に腰が痛くなった時の応急の対処法を知っておくと、

安心ですね(^-^)

 

 ぎっくり腰になったときの応急の対処法

2種類のパターンに分けて、お伝えしたいと思います。

  1. 横になる場所がある場合
  2. 屋外など、横になる場所がない場合

 

1.横になる場所がある場合

ベンチや座面が硬めの長イスがあれば、腰を曲げてエビのように背中を丸めた姿勢で、

横になりましょう。これだけでも痛みはやわらいでいきます。

ベンチや長イスがない場合は、床でも大丈夫です。

自宅でしたら、硬めの布団の上に寝ましょう。

 

2.屋外など、横になる場所がない場合

腰を少し曲げて壁に腰を押し付け、壁に寄りかかりながら、

うずくまります。壁に沿ったまま、しばらくその姿勢で休みましょう。

 

akari-gazou9みが軽くなってきたら・・・

●その場所から移動しましょう!

壁に寄りかかりながら、蟹のように横歩きをします。

少し前かがみになって、お腹に力をいれてゆっくり歩く

移動しやすいですよ。

 

♥注意点!

移動するときは、悪化を防ぐために、状態をねじったり、

そらす姿勢には気を付けてくださいね。

 

最後に・・

akari3-0

いかがでしたでしょうか? 急にぎっくり腰が起きた時の

応急の対処法をご紹介しました。

立ちあがれない・歩けない場合は、横になって安静が第一。

外やお家で急に「グキッ!」なった時は、上記の応急の対処法を

行ってみてください。

 

♥あかり整体は「ぎっくり腰」の施術を行っています

ぎっくり腰になり、痛みが続く場合や、痛みを少しでも早く改善したい場合は、

もし良かったら、あかり整体にいらしてください。

あなたのぎっくり腰の状態に合った手技を使い、負担なく改善しますよう、

施術させて頂きます。

痛みのない施術ですし、痛いのに無理な姿勢での施術も行いませんので、

ご安心くださいね。二人三脚で良くしていきましょう(^-^)

ぎっくり腰(急性腰痛)について詳しくはこちら

ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰(急性腰痛)に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加