ひざの痛み

ひざの痛み

ひざの痛み

ひざの痛みの原因の1つ目は?

ひざの痛みの原因は、変形性膝関節症によるものが多いです。

変形性膝関節症とは?

大腿骨と頸骨それぞれの骨の端に存在する関節軟骨が

擦り減りへる事が原因で発症するもの。

『軟骨』をすり減らさないようにするのが膝の痛みを防ぎますが、

関節軟骨は老化によって衰えていきますし、日常生活の習慣に

よっても擦り減ってしまう事が多いので、防ぐのが難しいですね。。

 

ひざ軟骨をすり減らす大きな原因は、「体のバランスの乱れ」

では、体のバランスを乱す事柄って、何でしょうか?

 

体のバランスを乱す「5つの事柄」って何だろう?

1.立つ・座る・歩く・走るなどの基本動作よるバランスの乱れ

体のバランスが崩れると、ひざに変な方向から圧力が掛かってしまうのです。

 

2.同じ方向ばかりの腕で、カバンを持つ。

ひざの痛み

知らず知らずのうちに、左右どっちかに

寄ったバランスを取っています。

 

猫背

少し前かがみになるので、バランスを取ろうと膝を

少し曲げて歩くことになります。

 

4.O脚

足の筋肉のバランスが崩れ、足の内側に体重が乗ることになり、

足の内側の軟骨が、擦り減るスピードが早くなってしまいます。

 

肥満

肥満になると体重が重みが、より膝に負担がかかります。

また、肥満の方は食生活の バランスが崩れている場合が多いので、

膝軟骨を構成するコラーゲンが不足の傾向 あるようです。

 

ひざの痛みの原因の2つ目は?

原因として考えられるのは、運動不足

痛みがあるからこそ、なかなか運動出来ないのも、分かります。。。

 

運動不足が、なぜ膝の痛みの原因になるのでしょうか?

膝の痛みを防ぐには、この軟骨がすり減らないような

状態に保つ事が必要なのです(^-^)b

 

軟骨は、酸素と栄養が無ければ保つ事はできません。

軟骨細胞に酸素と栄養を送るには、関節にある滑膜から出る滑液を

軟骨に染み込ませることが必要です。

 

染み込ませるには何が必要なのでしょうか?

それは・・・「適度な運動」

ひざも動かさないと軟骨に滑液が染み込まないのです。

「痛くて歩けないんです。。。」って方もいらっしゃると思います。

そんな方は、ひざに負担をかけない運動をしてみましょう(^-^)

 ♥ひざに負担をかけない運動とは?

1.イスに座って、ゆっくりひざを動かす。

2.プールなどに出かけ、ゆっくりとウォーキングする。

 

ひざに付加がかからない運動を心がけてください。

ひざを動かさないでいると、周囲の筋肉も衰え、さらに膝への負担が強まり、

ひざの痛みの原因になってしまいます。

注)ご無理なさらずに。。

「ひざの痛み」の四日市市で整体をお探しの方へ

あかり整体のお客様も、「ひざの痛み・ひざのはれ、ひざが曲がりにくい」

などのお悩みの方が多く、ご来院されます。

ひざが痛むと階段の上り下り、正座が出来ないなどの

生活に支障が出ますし、痛みやハレが伴い、辛いですよね(>_<)

 

当院の「ひざの痛み」の施術方法は、

痛みなく、ひざの可動域や、歪み・

足・膝に負担がかからないよう、

優しく骨格を整えます。

そして、ひざの痛みの原因となるところも、施術していきます。

 

当院のお客様は・・・


ひざの痛みがなくなった

正座が出来るようになった

階段の上り下りに、痛みがない

ひざのハレがひいた

長時間歩いても、ひざが痛くない

 

など、喜んで頂いております♪

 

ひざの痛みや、ひざに違和感があるなど、

ひざの不調がある方は、一度あかり整体に、

いらしてください(^-^)

ひざの痛み・違和感を取りましょ~♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加