肩関節の痛み(肩関節周囲炎)

肩関節の痛み(肩関節周囲炎)

肩関節の痛み(肩関節周囲炎)

四日市市で「肩関節の痛み・四十肩・五十肩」でお悩みのあなたへ

♥こんなことはありませんか?

  • 肩関節がしくしく痛んで、手があげられない
  • 物を取ろうとしたら、痛みが走ってツライ
  • 肩が上がらないので、上にある物が取れない
  • 肩をひねると、痛みがあるので、車の運転時に困る
  • 腕を後ろにまわせないので、ブラジャーが止められない

こんなツライ症状はありませんか?

四十肩・五十肩は整体で緩和・改善していきます!

肩関節の痛み(四十肩・五十肩)とは?

肩が痛いといえば、肩こりを思い浮かべがちですが、

肩こりと肩関節の痛みの違いは、ご存じですか?


●簡単に説明しますと・・・

♥肩こりは、「首のつけ根の筋肉の疲労が原因」

♥肩関節の痛みは、「肩関節の周囲の炎症が原因」

で起こる疾患です。

 

そして肩関節の痛みは、50代に起こりやすいのです。

だいたい40歳代後半から始まって50歳代にピークを迎え、

60歳代までは見られます。

 

このことから、肩関節の痛みのことを、

四十肩、五十肩という名前になっています。

 

20歳~30歳代には起こりにくく、70歳代、80歳代にもまずまれです。

発症する割合は全人口のうち2~5%といわれます。

この割合は100人のうち2~5人ということです。

 

四十肩・五十肩とは?

♥四十肩・五十肩とは?

40歳(50歳)頃、肩を中心に痛みが生じ、時には

腕にまで広がり、痛みや可動域の制限がかかる状態です。

腕が上がらなくなったり、腕を背中に回せなくなるのは、

関節包(関節を覆っている袋)と関節部分が癒着するため

と言われています。

 

現在では、一般的に「肩関節周囲炎」とも呼ばれています。

その名の通り、肩関節の組織に炎症を起こす病気です。

40代を中心に多く発症することから「四十肩」

50代を中心に多く発症することから「五十肩」

とも呼ばれます。

 

肩を動かすと痛みがあったり、肩関節の動きが

悪くなったりしますが、症状には個人差があります。

初めのうちは、肩関節の痛みが中心の「急性期」

半年ほどで痛みが軽くなることが多いのですが、

そのあと、肩関節の動きが悪くなる「拘縮(こうしゅく)期」

起こります。

拘縮は、肩関節の筋肉などの組織が収縮された状態で

関節の動きが制限されるため、腕を上げるといった動きが

出来なくなります。。。 この状態を「慢性期」です。

 

「急性期」のうちは、安静が第一で、痛みが軽くなる「慢性期」

になったら、関節を動かす体操を行ったり、幹部を温めたりして、

拘縮を防ぎます。

 

細かく状態を、次で説明しますね(*^-^*)

 

四十肩(五十肩)には、3つの病状時期があります!

①四十肩(五十肩)の初期 『フルージング期』

  • 炎症が、するどい痛みを引き起こします
  • さらに、この痛みが筋肉のけいれんを引き起こし、痛みを増大させます

 

②フローズン期 (筋拘縮期)

  • 肩を動かした時の痛みは、和らぎます
  • 肩関節が硬くこわばり、肩の動かせる範囲は制限されてしまいます

 

③ソーイング期 (回復期)

  • 肩関節のこわばりは、少しずつ改善します
  • 痛みや不快感も少なくなり、回復に向かいます

 

痛みの程度や性質によって、改善方法が違ってきます。

今の肩関節の痛みが、どの病状時期なのかを把握しておきましょう。

 

四十肩(五十肩)を緩和・改善する方法とは?

四十肩・五十肩は、肩を冷やすと痛みが強くなったり、

更に、硬くなっていきます。

肩周辺の血行を良くしましょう!

エアコンの冷気や扇風機の風が直接肩に

当たらないように注意しましょう!

 

入浴は、ややぬるめでゆっくりつかりましょう

ややぬるめのお湯に、ゆっくりとつかってみてください(^-^)

軽く肩を動かしながら、入浴するのも効果的!

肩関節の痛みは・・

1.肩から腕にかけての痛み

2.腕の動きが制限されること

3.痛みはある日突然くることもあるし、じわじわとくることもある。

4.痛みと肩の腫れや熱っぽさを伴うこともある。

5.痛む場所は肩から上腕(二の腕)にかけてが多い。

6.肩を動かすときに痛む→症状が進むと、

動かさなくても肩がうずくように痛み→思うように腕が上がらなくなる。

7.ひどい痛みが治まってからも肩を動かしにくい。

 

上腕筋を鍛えて筋力アップのストレッチ

肩関節の痛み

1.背筋をまっすぐに伸ばし、気をつけの姿勢をする。

両腕は、まっすぐ下に。(座っててもOK!)

 

2.両腕を左右にゆっくり広げ、肩の高さで1秒間静止。

 

3.元の位置にゆっくり戻す。

  上げ下げは、ゆっくり行うこと。(目安は10回)

 

(※肩まで上げるのが無理ならできる範囲で)

 

四日市市の「肩関節の痛み・四十肩(五十肩)」でお悩みの方へ

当院の「肩関節の痛み・四十肩・五十肩」の施術は、

痛みのない手技で、ゆっくりほぐしながら、肩関節を

調整していきます。

 

あかり整体のお客様も・・

 

肩があがる~。痛みで上がらなかったのに・・

肩が軽くなった

肩の痛みが緩和して、嬉しい。

可動域が増え、動かしやすくなった

肩の重みやだるさもなくなった

 

など、喜んで頂いております♪(^◇^)

 

肩関節の痛みでお悩みの方は、施術を受けてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加