女性ホルモン

四日市市で「女性ホルモンの乱れ」で不調のあなたへ

こんなことはありませんか?

  • 月経の周期の乱れがある
  • 無月経である
  • 生理痛がある
  • PMS(月経前症候群)の不調がある
  • イライラする
  • 気持ちが滅入る
  • 体が冷える
  • 代謝が落ちて太りやすくなる
  • 肌荒れ

もしかしたら、女性ホルモンの乱れから不調が出ているのかもしれません。

 

女性ホルモンは、女性の美しさを作り、病気からも守ってくれるもの

女性ホルモンとは?

女性ホルモンのいう言葉は聞いたことがあっても、

それがどんなものなのか、きちんとご存じの方は

少ないのではないでしょうか?

かみ砕いて、ご説明させて頂きますね(^◇^)

 

♥ホルモンとは、体内で分泌され、体の機能を調整する化学物質

脳の指令を受けて血液中に分泌され、血流によって全身に行き渡り、

体の状態をコントロールするのが、その役割です。

人間の体内では100種類以上のホルモンが分泌されていますが、

卵巣から分泌されている

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

という2つが女性ホルモンと言われるものです。

 

♥健康や若さを保てるのは女性ホルモンのおかげ

女性ホルモンは、10歳前ころ分泌が始まり、50歳過ぎまで分泌が続きます。

月経が起こり、妊娠・出産ができたり、体つきが女性らしくなるのは

女性ホルモンの働きのためです。

あと、脳や血液・粘膜・骨などにも働き、丈夫で若々しく保つ作用が

あります。

 

女性の肌や心身などに様々な影響を与えるものです。

女性ホルモンの2つのホルモンが、それぞれどんな働きが

あるのかご紹介します♪

エストロゲン(卵胞ホルモン)について

美のホルモンともいわれており、女性らしさを作り、

卵巣にある卵胞から分泌されます。

  • 子宮内膜を厚くする
  • 卵子を育てる
  • 肌のうるおい・ハリをだす
  • 新陳代謝を促して痩せやすくなる
  • 骨や血管を強くする
  • 記憶力をアップする

などの働きを促しています。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは・・

母のホルモンといわれ、排卵後、卵巣にある黄体から分泌され、

月経を引き起こします。

  • 妊娠を維持する作用
  • 子宮内膜を厚くする働き
  • 卵胞の発育を抑制
  • 皮脂分泌の活性化
  • 水分を溜め込む働き
  • 新陳代謝を遅らせる作用

などの働きを促しています。

 

女性のからだに大切な「子宮と卵巣」についても

お話ししますね♪

 

♥女性のからだ(子宮と卵巣)

子宮や卵巣をはじめ、妊娠・出産にかかわり性と生殖を

司る器官を「内性器」といい、内性器は「膣口」から

「膣」、「子宮」へと繋がり、子宮の左右には、「卵管」

子宮の両側にぶら下がる形で「卵巣」があります。

卵巣では卵子が育つとともに女性ホルモンが分泌されていて

子宮では、内側の子宮内膜が厚くなったのち、剥がれ落ちて

月経が起こります。

 

 

女性ホルモンが分泌されるしくみ

♥脳から指令を受け、卵巣に分泌されます

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン

(黄体ホルモン)は、一か月の間に一定周期で卵巣から

分泌されています。

エストロゲンは、卵巣で卵が熟し、排卵の準備を

しているときに分泌されます。

脳から卵巣に指令が届くと、卵巣の中にある卵が

育ち始め、エストロゲンが分泌されます。

 

プロゲステロンは排卵後に卵巣にできる「黄体」という黄色いかたまりから

分泌されます。

これらの女性ホルモンの分泌量を担っているのは、間脳の視床下部と

脳下垂体という所。

特に視床下部は、血液・血圧・心拍・皮膚・体温などに関わる自律神経を

コントロールする働きもあるため、ホルモンバランスが動くと、影響を

受けて自律神経のバランスも乱れやすくなります。

 

「ホルモンバランスの乱れ」「自律神経の乱れ」はイコールに

なっていて、片方が乱れれば、どちらも乱れやすいです。

 

♥女性ホルモンの分泌量は一生のうち、ティースプーン1杯!

エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンは、思春期に分泌が

はじまり、閉経を迎えるのですが、その分泌量は、一生分集めても

ティースプーン1杯分といわれています。

貴重な女性ホルモン、生活習慣やストレスなどで少なくなってしまうのは

もったいないので、日々気を付けたいですね(^◇^)

女性の体の特徴とリズム

女性は月経があるのと、女性ホルモンの分泌の関係で、

時期に応じての特徴やリズムがあります。

お体のリズムを知っておくと、不調を予防・改善に

繋がると思いますので、ご参考になさってください。

上記のような女性の体のリズムがあります。

その時期による特徴があるので、ご紹介しますね♪

 

♥月経期

  • 疲れやすい
  • 代謝が低下
  • やる気も出にくい

●過ごし方

ストレッチやビタミン・ミネラルで栄養補給して代謝UPさせましょう。

セロトニン不足で落ち込みやすい時期。笑顔になれることをして

気分転換と免疫力をUPをしてみてください(^◇^)

 

♥好調期

  • 心身ともに快調
  • 代謝もUP!
  • 活発に動けるとき

●過ごし方

スキンケアやダイエットによい時期。楽しく過ごしてみてね♪

 

♥イライラ期

  • むくみやすい
  • 便秘になりやすい
  • 太りやすい
  • イライラ
  • 落ち込む
  • 肌荒れ

●過ごし方

血行促進を心がけて、甘いものが食べたくなったら、和菓子が

オススメです。気持ちが不安定になりやすい時期なので、

大泣きするとデトックスになるため、泣けるDVDを見るのも

いいですよ(^◇^)

 

ホルモンバランスをチェックし、整えることで不調を緩和し、

女性の魅力もUPさせちゃってください♪

 

あかり整体は「女性ホルモンの乱れ」を整える施術を行っております♪

施術の流れ

①ご来院くださいましたら、カウンセリングを行います

 

「こんにちは。あかり整体の早岡です」

「よろしくお願いいたします」

 

まず最初にカウンセリングシートに

ご記入していただきます。

気になる箇所がありましたら、不調の関連がある場合がありますので、

詳しく教えてください(^◇^)

 

 

「お悩みの症状は何ですか?」

「・・・・辛くて・・。」

 

それを踏まえて、施術を開始します♪

②アロマ芳香浴の中、施術しております

 

月替わりでアロマ芳香浴が変わりますので、

お楽しみくださいね♪

③最初に、お体や骨の歪みを確認します

 

痛みのないソフトなタッチで、

お身体を整えながら、ゆっくり・じっくりツボを

押しながら、ほぐしていき、指やひじを使って、

「コリ」をグッととらえます。

そして、ストレッチ等を組み入れ、

お体を整えていきます(^-^)

最後に・・

女性ホルモンの内容は、いかがでしたでしょうか?

女性ホルモンの知識を知ることで、改善につながったり、

今後の予防にお役立ると嬉しいです♪(^◇^)

 

もし、女性ホルモンの乱れによる不調等がありましたら、

女性ホルモンが整う手技を行い、不調内容が改善しますよう、

施術させて頂きます。お気軽にご相談くださいね♪

二人三脚で良くしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加