股関節症

四日市市で「股関節症」でお悩みのあなたへ

こんなことはありませんか?

  • 股関節が痛くて、起き上がるときに困難
  • 股関節に痛みがあり、歩きすぎると痛みがでてる
  • 股関節の可動域の制限により、股関節が曲げられない
このような状態でしたら、もしかしたら股関節症かもしれません。

整体で「股関節症」のつらさや痛みが改善します!(*^-^*)

 

では、「股関節症」とはどんなものなのか、ご説明しますね♪

股関節は、体重を支える重要な関節です

胴体と両脚をつなぐ、生活活動の中心ポイント!

階段の上り下りや歩行だけでなく、様々な日常生活の動作で

つらさを感じる「変形股関節症」

どんなことで、痛みが生じるのでしょうか?

まず、股関節はどんな仕組みになっているのか、説明しますね♪

 

股関節のしくみ

人間の体は200以上もの骨が組み合わされ、それを筋肉が支え、

また動かしています。

その骨と骨をつないでいるのが関節です。

股関節は、体の中心部にある人体で一番大切な関節となり、

左右の脚の付け根にあり、骨盤と大腿骨をつないでいます。

 

股関節は、膝関節や足関節とともに、体重を支える役割をしており、

股関節には、両足で立っているときで体重の約30~40%、

片足立ちでは体重の3~4倍の負担がかかります。

歩行時には、負荷は体重の10倍にもなると言われています。

 

股関節は、下肢を様々な方向に動かす役割があります!

体と腕をつなぐ肩関節と同様、関節を動かせる範囲が大きく、

脚を前後にだけでなく、左右に開いたり、外側や内側に回せたり、

様々な動作をすることが出来るのです。

 

普段の生活でも、脚の付け根のあたりを意識をしてみると、

立つ、歩くといった全身を使う動作のときはもちろん、

あぐらをかいたり、座ったまま横を向くときなど、

多くの動作に関連しています。

 

股関節は、人間の体を支えるとともに、脚を様々な方向に、

動かす体の要の関節なのです。

 

大腿骨頭と寛骨臼の表面は、関節軟骨

クッションを役割を持つ、厚さ2~4mmほどの

「関節軟骨」に覆われています。

関節軟骨は、コラーゲンなどからなる弾力のある組織

すぐれた潤滑機能を持つ循環関節液を持つ関節液を

たっぷり含んでいます。

股関節の構造

股関節は、太ももを支える大きな骨である「大腿骨」と、

腰を下側から支える「骨盤」が繋がる部分です。

大腿骨の先端部分の「大腿骨頭」は丸くボール状になっており、

それを骨盤のお椀状の「寛骨臼」が包み込む構造です。

球体で繋がっているので、「球関節」と呼ばれていますが、

この構造が前後左右・回転などの様々な方向へのスムーズな

動きを可能にしています。

 痛みを起こしやすい股関節とは?

何故、股関節は痛むのでしょうか?

股関節の痛みは、関節軟骨が痛んだ後に、すり減って炎症を

起こしやすくなってしまうことでおきます。

健康な人でも、関節軟骨は年齢とともに、自然にすり減ってしまいます。

股関節の形に異常がある場合、関節軟骨は更に痛んで、

すり減りやすくなってしまいます。

正常な関節

寛骨臼が大腿骨頭をほどよく包んでいて、CE角30度前後。

適度な負荷の分散(動作の邪魔にならない状態)

痛みを起こしやすい関節

①大腿骨頭を包む寛骨臼の面積が狭い状態で、負荷が集中し、

関節軟骨が、すり減りやすい状態。(CE角が小さい)

②大腿骨頭をを包む寛骨臼の面積が広く、寛骨臼のふちと

大腿骨頭がぶつかりやすい状態。 関節唇や関節軟骨が

傷つきやすい。(CE角が大きい)

♥CE角とは?

大腿骨頭の中心を通る垂直の線と、大腿骨頭の中心と

寛骨臼のふちを結んだ線の角度、寛骨臼が大腿骨頭をを

どの程度、包み込んでいるかを表すもの。

股関節に痛みを感じる原因とは?

股関節の痛みは、関節軟骨がすり減ると起こりやすい、

と表現してましたが、実は関節軟骨には痛みを感じる神経が

通っていません。。。

ようするに、関節軟骨がすり減っても関節軟骨自体が

痛みを感じている訳ではないと言われています。

 

股関節に痛みが起きる仕組みとは?

股関節への負荷が大きすぎると、関節軟骨がすり減ります。

そして、削られた関節軟骨のかけらは、関節包の中に散り、

関節包の内側の組織である滑膜を刺激して、滑膜に炎症が起きます。

滑膜には痛みを感じる神経が通っているので、ここで痛みを

感じると言われています。

 

関節の不安定さも原因の1つ。

関節唇がきれてしまった場合、関節が不安定に働くことにより、

滑膜に炎症が起こり、痛みを感じます。

 

関節軟骨がすり減ってしまう。

関節軟骨を沢山すり減ってしまうと、「クッション」の働きが

なくなり、潤滑性の高い関節液を関節の中にためておくことが、

出来なくなり、大腿骨頭と寛骨臼が直接接触することにより、

変形と不安定性に寄り、痛みが感じやすくなります。

 

股関節の痛みは・・・

動作を始める時や、長く歩いたあとなどに感じることから始まり、

次第に日常生活に支障が出るようになり、進行すると日常生活に

支障がでるようになって、やがて何もしないで、じっとしている状態でも、

痛むようになります。

 

股関節の痛みの原因をまとめてみると・・・

  1. 関節唇損傷
  2. 大腿骨寛骨臼インピンジメント
  3. ヒップースパイン・シンドローム
  4. 骨粗鬆症
  5. 関節リウマチ
  6. 鼠頚ヘルニア

⒈激しい運動や強い圧がかかるなどして、関節唇が傷つけられる

 

2.ピンサータイプ・・寛骨臼を包む面積が広すぎる

カムタイプ・・大腿骨頭頚部が太すぎる

両方タイプ・・ピンサータイプとカムタイプの特徴を持つ

 

3.老化などによる腰の変形

骨盤が後ろ側に傾くと、股関節の接合部が不安定になり、

痛みが出る。

骨盤の傾き(歪み)・・片方の股関節に問題があるとき、

骨盤が傾き、腰に痛みがでる

 

4.骨粗鬆症による骨折

関節内の骨が骨折して、関節機能を損なう。

 

5.関節リュウマチによる炎症・変形。

関節に炎症を起こし、進行すると関節の骨や軟骨を破壊する

 

6.鼠頸ヘルニア・・足の付け根の部分である鼠頸部の皮下に

腸の一部が脱出してしまう場合も、股関節に痛みを感じることが

あります。

 

あかり整体は、股関節の施術を行っております

施術の流れ

①ご来院くださいましたら、カウンセリングを行います

 

「こんにちは。あかり整体の早岡です」

「よろしくお願いいたします」

 

まず最初にカウンセリングシートに

ご記入していただきます。

気になる箇所がありましたら、不調の関連がある場合がありますので、

詳しく教えてください(^◇^)

 

 

「お悩みの症状は何ですか?」

「・・・・辛くて・・。」

 

それを踏まえて、施術を開始します♪

②アロマ芳香浴の中、施術しております

 

月替わりでアロマ芳香浴が変わりますので、

お楽しみくださいね♪

③最初に、お体や骨の歪みを確認します

 

痛みのないソフトなタッチで、

お身体を整えながら、ゆっくり・じっくりツボを

押しながら、ほぐしていき、指やひじを使って、

「コリ」をグッととらえます。

そして、ストレッチ等を組み入れ、

お体を整えていきます(^-^)

料金体系

♥整体 1回 5,000円(税込)

♥整体+レイキ 1回 5,000円(税込)

※新規のお客様は、1回40分程度かかります。

まずは、こちらを受けてみて下さい!(*^_^*)

四日市にお住まいの「股関節痛」でお悩みのあなたへ

あかり整体では、股関節の施術を行っております。

股関節の痛み・可動域や可動域等を確認させていただき、

あなたの股関節の状態に合わせた手技を使い、

痛みのとり、可動域を広げていきます。

 

痛みのない施術ですので、ご安心くださいね♪(^-^)

二人三脚で、良くしていきましょう!

お気軽に、ご相談くださいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加