不眠症の症状をよくする「7つのセルフケア」

【脚・ひざ】足の悩みで部屋にこもりがちな女性

不眠症の原因はご存知ですか?

不眠症の原因は、このような場合と言われています。

  • 過剰なストレス
  • 日中の緊張が夜になっても取れない
  • うつ病になどの病気の場合
  • お酒をたくさん飲む
  • 薬を多く飲みすぎたとき
  • 歳を重ねるごとに、尿意を感じてトイレに起きる

様々な原因によって、なかなか眠れなかったり、何度も目が覚めたり、

一度目が覚めると、眠れなくなる などの不眠の症状が

出てしまいます。。。

 

少しでも眠りやすい環境を作ることも、とても有効な内容ですので、

日々のセルフケアにお役立てくださいね♪

不眠症の症状をよくする「7つのセルフケア」

①生活のリズムを整えよう

毎日、寝る時間、起きる時間を一定にすることで、

体内時計を調整しましょう。

夜更かしなど、休日のずっと寝ているなど、

出来るだけしないようにしましょう。

 

②朝は窓やカーテンを開けて朝日を浴びよう

太陽の光は、体内時計の調整をしてくれます。

朝日を浴びるのは、とても大切で、眠くなる時間も

早くする事ができます。

 

③寝る前にリラックスしよう

寝る直前まで、テレビやスマートフォン・

パソコンなどからの刺激をうけるのは、

あまりよくありません。

半身浴・軽めのストレッチ・アロマテラピー

癒しの音楽などでリラックスして、ゆったりとした

気持ちで布団に入るようにしましょう。

 

④自分に合った寝具を使いましょう

枕の高さや硬さ、敷布団のかたさ、掛け布団の重さ

肌触りなど、自分に合った寝具を選ぶことも大切です。

間接照明など、眠りやすい照明も工夫しましょう♪

⑤適度な運動をしよう

午後の時間に軽めの運動をして、ほどよく体を

疲れさせましょう。

激しい運動は、刺激が強すぎて逆に興奮してしますので、

逆効果になる場合も・・。

⑥夕食の量は控えめにしよう

前日の夕食を控えめにすると、睡眠の質と

目覚めが格段によくなるといわれていますので、

前日の夕食を少なめにすると、いい眠りに

つけると思います。

⑦夕食後は、気分の落ち着くようなハーブティーを飲もう

ノンカフェインのハーブティーは、心を落ち着かせたり

する効果があるので、食後にゆったりとしながら、

飲んでみましょう♪

♥不眠症のセルフケアは、いかがでしょうか?

上記の内容を心がけることで、少しでも眠れるように

なったり、質の良い睡眠がとれ、朝までぐっすり

眠れるようになるといいですね♪(^-^)

ご参考になさってください。

症状について詳しくはこちら

不眠症

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加